空中列車 御崎灯台 遊歩道 漁り火 余部鉄橋の保存と未来


余部鉄橋の保存と未来
イメージ

 余部鉄橋は日本一の鉄橋です。転落事故という悲しい事もありましたが歓びや 悲しみを超えた 高い意識をもって守りたい。
明治45年の開通から長きにわたり 風雪に耐え私たちの足となって支えてくれました。
しかしながら、強風による輸送効率の悪さと老朽化による維持・管理に多額の費用がかかるため架け替えが決定しました。
現余部鉄橋が、観光資源・近代土木遺産として高い評価を踏まえ現鉄橋保存の声が多く寄せられていました。

   ←至 豊岡    至 鳥取→
鉄橋展望・記念施設・自由広場・散策・水辺ゾーン・道の駅など、各資源の特性に応じて設定されます


●鉄橋の残し方
 餘部駅側の3橋脚を残すこととし、部分を利用した東屋の設置など

●鉄橋展望台『空の駅』
 餘部駅とつながる鉄橋を活用した空の駅
○高さ41メートルの浮遊感を体験
○山陰海岸の自然美、夕陽、漁り火が眺められる

●鉄橋自身が持つ迫力感を伝える
○先人の技術力の高さ、スケール感を実感
○鋼材の組み合わせによる構造美を感じる

Copyright (C) Amarube tourist agency, All Rights Reserved.